HOME > 医療関係の方へ > 精神科後期研修 > 精神科後期研修 研修概要

精神科後期研修

精神科後期研修 研修概要

精神科後期研修

経験可能な症例

<疾患別>

  1. 統合失調症
  2. 気分障害
  3. 不安障害、身体化障害、ストレス関連障害
  4. 児童・思春期精神障害(摂食障害を含む)
  5. アルコール、精神作用物質による精神障害
  6. 症状性または器質性精神障害、認知症(痴呆)
  7. 人格障害

<治療場面別>

  1. 救急・当直例
  2. 行動制限例
  3. 地域医療例
  4. 合併症・コンサルテーションリエゾン例
  5. 司法精神医学例

<治療形態別>

  1. 任意入院例
  2. 非自発的入院例(医療保護、応急)
  3. 措置入院例
  4. 外来治療
  5. リハビリテーション

当院の診療部スタッフ(精神科)と専門分野

理事長 院長 松原三郎(精神科一般、司法精神医学)
名誉院長 山口成良(精神科一般、脳波、睡眠精神医学)金沢大学名誉教授
院長代行副院長 森川恵一(精神科一般、睡眠精神医学、アルコール)
副院長 平川究緑(精神科一般、精神病理学、臨床精神神経薬理)
その他指導医・
医長など 
藤元君夫(精神科一般、認知行動療法、臨床精神神経薬理)
桃井文夫(精神科一般、集団精神療法)
今井昌夫(精神科一般、臨床精神神経薬理)
倉田孝一(精神科一般)
松原拓郎(精神科一般)
登坂由香(精神科一般)
望月崇行(精神科一般)
青木優子(精神科一般)
岡林絢子(精神科一般) 
  その他、常勤医:精神保健指定医 5名、精神科医(レジデント含む)4名 
内科医 6名、クリニック院長 2名、歯科医 1名
  臨床心理技術者 5名

当院がもつ病棟機能とその他の施設

  • 精神科救急入院料1
  • 精神科訪問看護
  • 相談支援事業
  • 精神療養病棟
  • 地域活動支援センター
  • 就労支援事業
  • 精神科急性期治療病棟入院料1
  • 地域包括支援センター
  • 自立訓練事業
  • 精神科デイケア、デイナイトケア、ショートケア
  • 外部サービス利用型指定共同生活援助事業
  • 指定共同生活援助事業
  • 重度認知症患者デイケア
  • 松原記念精神神経医学研究所
  • 居宅介護支援事業
  • 介護老人保健施設
  • 通所リハビリテーション

 

研修医、既修了者の声

  • 精神科後期研修医/男性

 松原病院で後期研修医として勤務しています。診断や治療の技術だけを黙々と学んでいた初期研修医とは違い、自ら方針を決め、医療チームのリーダーとなることの責任を日々感じています。押しつぶされそうになることもありますが、上級医や周囲の先生方の適切なフォロー、またベテランの看護スタッフに支えられ日々の業務をこなしています。

 松原病院では緊急採血やCT・MRIなどの設備に加えてプロ意識の高いスタッフが充実しています。こまめに行われるチームカンファレンスでは治療技術の未熟さをカバーでき、レジデントとしてとても働きやすい環境です。精神保健指定医・専門医など資格取得に必要な症例も、先輩方は短期間の内、当院のみでしっかり揃えています。研修制度が整っており、その上各年度の後期研修医から適宜適切なアドバイスを得ることができます。自らの治療技術を向上させるため、また医師としての将来を考える上でも、ここでの研修は非常に意義のあるものだと思います。  

  • 精神保健指定医/男性

 精神保健指定医を取得し、約1年が経過しようとしています。松原病院は、精神科救急医療体制がある病院で、本館2階・3階病棟は救急病棟です。そのため、非自発的入院のケースが多く、指定医としての役割が重要であると思います。指定医になったことで責任や業務が増えるかもしれませんが、これからも他職種の方と協力し、患者さまによりよい医療が提供できるように取り組んでいきたいと思います。

研修の流れ

研修期間は原則3年間です

  • 研修の流れ  
初期の1か月 (基本研修期間)診断・処方などの基本的な手技を学び、同時に前期研修で用意された基本クルズスのうち、ご自分が希望されるものを受けることができます。
最初の1年半 できるだけ多種の症例を経験し、同時に急性期例への対応、社会復帰の進め方などを学ぶことが目標となります。
後半の1年半 ご自分が興味のある分野に集中して研修できるように協力します。後半1年半の終了後、必要があれば、国内の他の精神科医療機関への研修(国内留学)も3か月行うことができます。

※精神保健指定医のための8症例のレポートを研修期間中に作成が可能です。

提供可能な研修プログラム

  1. 患者および家族との面談
  2. 疾患の概念と病態の理解
  3. 診断と治療計画
  4. 補助検査法(神経学的検査、心理検査、脳波、CT・MRIなどの脳画像検査)
  5. 薬物・身体療法(修正型電気けいれん療法など)
  6. 精神療法
  7. 心理社会的療法、精神科リハビリテーション、及び地域精神医療・保健・福祉
  8. 精神科救急
  9. コンサルテーションリエゾン医療
  10. 法と精神医学(鑑定、医療法、精神保健福祉法、心神喪失者等医療観察法、成年後見制度)
  11. 医の倫理(人権の尊重とインフォームドコンセント)

基本クルズス

  1. 精神医学的面接法と精神症状の把握
  2. 身体的・神経学的診療法
  3. 精神科診断法
  4. 各種検査法(脳波、CT、MRI)
  5. 個人精神療法
  6. 心理学的検査法
  7. 集団精神療法
  8. アルコール依存症
  9. 児童・思春期精神医学
  10. 精神科救急医療・危機介入
  11. 身体合併症の診断と治療
  12. 睡眠障害の診断と治療
  13. 適応障害と人格障害
  14. 精神保健福祉に関する法律
  15. 司法精神医学
  16. 医の倫理
  17. 精神障害者の社会復帰
  18. チーム医療、特に看護スタッフとの連携
  19. 保険診療のあり方
  20. 修正型ECT、その他の身体療法



お問い合わせ先

診療時間のご案内

診療時間

午前9時から午後1時まで
午後2時から午後5時まで
※日曜・祝日は休診です

受付時間

初診 午前8時30分から
午前11時まで
午後1時30分から
午後4時まで
再診 午前8時30分から
午後12時まで
午後1時30分から
午後4時まで

専門外来

本館

睡眠外来、気分障害外来、児童・思春期外来、アルコール外来、地域生活支援外来

とびうめ館

もの忘れ外来

※専門外来は予約制となっております。事前に受診相談ダイヤル(076-231-4145)までご連絡ください。

詳細はこちらから

ページのトップへ