HOME > 採用情報 > 精神科後期研修医募集 > 研修制度 > 研修の流れ・プログラム

精神科後期研修医募集

研修の流れ・プログラム

研修の流れ

研修期間は原則3年間です

初期の1か月 (基本研修期間)診断・処方などの基本的な手技を学び、同時に前期研修で用意された基本クルズスのうち、ご自分が希望されるものを受けることができます。
最初の1年半 できるだけ多種の症例を経験し、同時に急性期例への対応、社会復帰の進め方などを学ぶことが目標となります。
後半の1年半 ご自分が興味のある分野に集中して研修できるように協力します。後半1年半の終了後、必要があれば、国内の他の精神科医療機関への研修(国内留学)も3か月行うことができます。

※精神保健指定医のための8症例のレポートを研修期間中に作成が可能です。

提供可能な研修プログラム

  1. 患者および家族との面談
  2. 疾患の概念と病態の理解
  3. 診断と治療計画
  4. 補助検査法(神経学的検査、心理検査、脳波、CT・MRIなどの脳画像検査)
  5. 薬物・身体療法(修正型電気けいれん療法など)
  6. 精神療法
  7. 心理社会的療法、精神科リハビリテーション、及び地域精神医療・保健・福祉
  8. 精神科救急
  9. コンサルテーションリエゾン医療
  10. 法と精神医学(鑑定、医療法、精神保健福祉法、心神喪失者等医療観察法、成年後見制度)
  11. 医の倫理(人権の尊重とインフォームドコンセント)

基本クルズス

  1. 精神医学的面接法と精神症状の把握
  2. 身体的・神経学的診療法
  3. 精神科診断法
  4. 各種検査法(脳波、CT、MRI)
  5. 個人精神療法
  6. 心理学的検査法
  7. 集団精神療法
  8. アルコール依存症
  9. 児童・思春期精神医学
  10. 精神科救急医療・危機介入
  11. 身体合併症の診断と治療
  12. 睡眠障害の診断と治療
  13. 適応障害と人格障害
  14. 精神保健福祉に関する法律
  15. 司法精神医学
  16. 医の倫理
  17. 精神障害者の社会復帰
  18. チーム医療、特に看護スタッフとの連携
  19. 保険診療のあり方
  20. 修正型ECT、その他の身体療法

ページのトップへ